進学希望の方へ
   
塚崎研究室では、真空装置を使って薄膜を作り、電気伝導や光学特性について評価しています。特に、酸化物を中心に研究を行っていますが、最近では酸化物でも半導体ヘテロ界面に匹敵するほどの急峻な界面形成が可能になっており、量子ホール効果や電界効果トランジスタなどの物性研究が行われています。今後、多様な物性を有する酸化物の特長を活用した高品質薄膜や界面を用いて、物性研究を展開していく予定です。
当研究室での研究活動と大学院進学に興味がありましたら、東北大学理学研究科物理学専攻との連携となっていますので、そちらのページをご参照ください。研究内容や進学に関する質問があれば、いつでも構いませんのでメールなどでご連絡ください。

今年度は6月22日(土)に金属材料研究所内の物理系研究室説明会が行われます。

img_01